教会・牧師紹介

Pocket

代々木教会設立のながれ

故吉本斗川前主任牧師と吉本美枝主任牧師夫妻が、超教派の国際的な伝道を目的として、1946年(昭和21年)に独立開拓伝道をして設立されたプロテスタント教団(旧メソジスト)で、2016年で創立70周年を迎えます。 当初、開拓伝道の一環として国際英語学校が設立され、1950年代には「平和の鐘」運動を起こし、ラジオ・テレビで伝道活動を積極的に展開致しました。 1989年より吉本美枝現主任牧師が日本福音学校代々木校校長に就任致し、教会牧会伝道の傍ら信徒研修講座が毎年周期的に開催され、1990年には教会音楽科も設置されました。 日本キリスト教協議会(NCC)、日本福音同盟に加わり、1973年以来、全国朝祷会連合にも加盟して居り、毎月1回朝祷会も開かれております。

  牧師紹介

主任牧師 吉本 真理(ヨシモト マリ)
東京芸術大学卒業、ライプツィヒ音楽大学修了、東京神学大学大学院修了。 ドイツ各地にてオルガン演奏会に出演。 日本オルガン友の会(故 木岡英三郎師主宰)より金メダル賞受賞。 NHK FM放送出演。国内各教会等に於いてもオルガン演奏会に出演他、アンサンブル、合唱団、都饗、読饗とも共演、ビリーグラハム大会、首都圏伝道大会等、多くのキリスト教伝道集会で奏者として、日本福音学校教会音楽科教師としても勤務。 現在、国際キリスト教団 代々木教会牧師、オルガ二スト。
協力牧師 小笠 成美(オガサ シゲハル)
同志社大学大学院 神学研究科修了。あらかわ聖書集会牧師。 日本基督教団 香川豊島教会 協力牧師。イエス団 豊島老人ホーム 施設長歴任。

  歴代牧師

  吉本 斗川(ヨシモト トセン)
1946年 金井為一郎の薫陶を受けた、吉本斗川師が超教派の国際的な伝道を目的として、国際基督教団代々木教会を創立された。
美枝写真 - コピー 吉本 美枝(ヨシモト ヨシエ)

共立女子神学校(現東京神学大学)卒業。共立女子神学校伝道所、大宮伝道所(現日本基督教団富士宮教会)へ伝道師として派遣され、香貫教会、福井市カナダ ミッション伝道部、城之橋教会、下谷メソジスト教会に婦人伝道師として奉職。 戦時中、東京市役所厚生課勤務、三省堂編集部員として、金田一京助師の下で、「明解国語辞典」の編集に携わり、結婚後夫婦で教会設置、国際英語学校開設、 ラジオ放送「平和の鐘」等、伝道活動を行う。 金井為一郎牧師より受按、カリフォルニア神学大学院日本校修了。牧会神学博士号授与される。イエスの友会中央委員東京部連合代表、日本キリスト教婦人矯風 会東京部会宗教部長、日本キリスト伝道会副会長、日本福音学校代々木校校長歴任。 国際基督教団主管者、代々木教会、市原教会牧師、公認 国際英語学校長。 著書に『聖書の贖罪論』(キリスト新聞社)がある。
2013年12月30日召天。 IMG_2216

※天に召されるその時まで、牧師であり、伝道者としての活動に一生を捧げられました。 葬儀は2014年1月5日(日)代々木教会にて執り行いました。 キリスト新聞掲載記事に吉本美枝牧師の生涯が詳しく書かれております。キリスト新聞 吉本美枝牧師記事 PDF